カスタマイズの基礎知識

ハードディスク

パソコンとBフレッツ同時お申し込みでキャッシュバック

パソコンの使用目的がインターネットやワープロ、表計算などであれば、最小構成で採用されることの多い40GBで充分だと思います。しかし、デジタルカメラやテレビの録画など、映像や音楽関係を楽しむのであれば、より大容量のハードディスクが必要です。


ハードディスクは大は小を兼ねますので、予算の範囲内でより大容量のハードディスクを選択することをオススメします。とりあえず250GB程度の容量があれば充分でしょう。その程度の容量であればコストパフォーマンスにも優れています。


ハードディスクはあればあるだけ使ってしまうものです。今すぐに大容量のディスクを使用する予定が無くても、とりあえず大容量のハードディスクを用意しておけば、将来の楽しみの幅が広がります。


容量の他にも回転速度も要チェックです。回転速度は「rpm」という単位で表しますが、ハードディスクの1分間の回転数のことです。この回転速度が速い方がデータの読み書きが速くなります。5400rpmよりも7200rpmの方がより高速という訳です。

5年間買い取り保証:詳しくはこちら

2007年05月29日 21:47